WORKS

制作実績

ブランディングサイト

ジャパンベストレスキューシステム株式会社

企業コンセプトをキャッチコピーと動画で表現
"より多くの感動を届ける"期待感溢れるサイト制作

ジャパンベストレスキューシステム株式会社様のサイトリニューアルは、「上場企業として信頼性の高いサイトに」再構築するとともに、規模感が伝わることがポイントとなっていました。時代の最先端を行く企業イメージを高めるギミックとしては、メッセージ性の強いキャッチコピー、印象的な動画で演出を行いつつ、これまでの実績を数字できっちりと記載し、信頼感が高まる仕掛けとなっています。

ご依頼時の状況とご要望

  • 上場企業として信頼性の高いサイトに
  • 規模感を感じさせるようなサイトにしたい
  • 最先端を感じさせるようなギミックが欲しい

STRATEGY 戦略

リアルな数字をコピーと動画でビジュアル化
上場企業としての信頼感を醸成するサイトに

具体的なサービス内容をアピールするよりも、根本的な部分に立ち返り、企業として何ができるのかをアピールするための、説得力のあるサイトイメージを心がけました。そのためにリアルな数字をコピーと動画でビジュアル化するとともに、濃い青を基調としてタイル調のフラットなレイアウトで構成し、上場企業としての信頼感を増すイメージコントロールを行っています。

DESIGN デザイン

あらゆる場面で生活の支えとなるサービスを提供する、信頼性を重視する会社のイメージを表現するため、濃い青を基調としたタイル調のフラットなレイアウトで構成し、リアルな数字やアイコンを見せることで信頼感のあるサイトを目指してデザインしました。またメッセージ性の強いキャッチコピーに合わせて、インパクトと規模感を動画で表現しています。

ターゲット お取引先企業の方、子会社の利用者
コンセプト 安心で信頼のできる感動を届ける企業の顔となるサイト
キーワード
  • 規模感
  • 信頼感
メインカラー 深い青

担当デザイナーからのコメント

メッセージ性の強いキャッチコピーに合わせて、インパクトと規模感を動画で表現しました。様々な生活の支えとなっている信頼のできる会社であるということを伝えるために、濃い青を基調としてタイル調のフラットなレイアウトで構成し、リアルな数字やアイコンを見せることでしっかりした企業であることをアピールしました。

TOPページ

ディレクターからのコメント

ファーストビューでは、メインテーマを表示した後、都市部の空撮映像からスタートし、住宅街、オフィス、道路、そして人へとフォーカスした動画を使いました。一般消費者から企業担当者まで「困っている人を助ける。」というサービスコンセプトが1分間の動画で理解できるよう、シーンの切り替え速度と伝えるべき情報の流れを意識しました。

下層ページ

ディレクターからのコメント

JBR生活救急グループサービスの紹介ページでは、各生活救急車のタイトルとともにサービスを紹介。実績や価格、サービス内容のアピールを行うのではなく、シンプルにサービス内容に言及。下層ページへの遷移を促す仕掛けになっています。

スマートフォン

ディレクターからのコメント

「困っている人を助ける」というコピーを配したキービジュアルの後に、コール数、出動数、会員数といった具体的な数字を記載しまし、インパクトを持たせています。スマホページでも企業の信頼性がダイレクトに伝わる構成です。

制作実績一覧に戻る