M-HAND BLOG

エムハンドブログ

ホームページ制作における素材の収集と活用の心得

529

ホームページを作成する時に、自分で色々デザインをすることもできるのですがいきなり全てを作るのは困難です。しかしデザインによってホームページの見栄えが変わってきます。そういった時には素材を活用することでより効率的で質の高いホームページのデザインができます。

ホームページの素材

ホームページを作成する時に、自分で色々デザインをすることもできるのですがいきなり全てを作るのは難しいです。しかしデザインによってホームページの見栄えが変わってきます。そこでデザインの素になる素材を活用することが重要となります。知識がまだ足りない方でも良い素材を使うことで、ホームページの質をあげることができるので、積極的に使うとよいでしょう。

無料のものと有料のものがある

素材を提供しているサービスは色々あり、無料のものから有料のものまであります。無料でもしっかりとした素材を集めることができます。また有料のものであればプロが撮影した写真など様々な素材を集めることができます。

気を付けないといけない点

あなたが作るホームページで素材を商用利用するときは、商用利用可能なサービスを選ぶ必要があります。物品を販売するホームページなどはもちろんなのですが、少しでも利益につながるものは商用利用となるので注意が必要です。しかし最近では商用利用可能のサービスを提供しているサイトは多くあるので、商用利用の為のホームページを制作する際でも十分素材を集められるでしょう。

商用利用OKのフリー素材サイトを利用する

初心者の方でも探しやすいような、フリー素材かつ商用利用OKのサイトがあります。使いやすいサイトをいくつかご紹介しますので、それぞれに規約はあるので必ず確認をしていただきたいた上で活用していただくと良いでしょう。

 

○PhotoAC(https://www.photo-ac.com)

写真の素材を扱うサイトであり、無料会員登録をすることにより利用することができます。ジャンルが分かれているので欲しい素材を探しやすいです。美容系や風景の写真が多いですが、他にも幅広いジャンルの写真を探すことが出来ます。

 

○足成(http://www.ashinari.com)

色々な表情をしたモデルの写真を多く見つけることができます。人の表情にとって、WEBサイトの見え方が変わってくるので、色々な表情の写真が必要な場合はこちらサービスが使いやすいでしょう。

 

○PIXTA(https://pixta.jp)

毎週更新しているため、常に新しいものを見つけることができます。フリー素材のものもあるので利用しやすいサイトとなっています。

活用方法

ホームページのアイディアを提供してくれる

ホームページ制作の経験が少ない方にとって、どんなホームページにするのかアイディアがなかなか思いつかないことがあると思います。「どうやってうまい人はアイディアを考えているのか」と思うこともあるのではないでしょうか。

何をするのもそうですが、いきなり色々なアイディアを思いつくわけではなく、いくつかホームページを作っているうちに次のアイディアがでてくることが多いでしょう。その為、集めた素材を実際の制作場面で活用することで経験豊富な方のアイディアを学ぶことができます。素材を使った試行錯誤によって、新しい自分なりのアイディアを思いつくこともあるでしょう。

複数の素材を利用する

素材を提供するサービスは色々あるので、色々なデザインを見つけることができます。そのままの素材を使うこともよいのですが、複数の素材を並べることにより雰囲気が異なるものができることがあります。ホームページの内容と異なってしまうことには気を付けないといけないのですが、上手く活用することでオリジナル感を出すことができます。

サービスによっては加工をしても良いものもあるので、素材の上に文字入れをする、他のデザインをいれるなど色々な方法があります。くれぐれも気を付けていただきたいのは、加工NGのサービスもあるということで、事前によく確認するようにしてください。

加工をする

文字入れなどをする以外にも、モザイクをかけたり背景のデザインをかえるなど色々な加工ができます。なかなか自分のホームページにあう素材を見つけられなくても、ある素材をベースにして加工をすることができます。

他にも一部分を取りのぞく、反転してみるなどちょっとした変化をつけることにより全く違ったデザインになります。しかしこちらも上記と同様に加工OKかどうか必ず事前に確認をしてください。

別の用途に使う

素材を提供するサービスは、ある程度用途別に集めてあるものが多いです。そのまま使うのも良いのですが、全く違った用途のものを使う方法もあります。よくある素材でも使い方を工夫することで、他のホームページとの差別化を図ることができるのです。

外を歩いていると、色々な看板や雑誌の表紙などを見ることができます。アイディアは無限大なので日常場面でも色々なものをデザインを意識して見るとよいでしょう。

まとめ

ホームページ作成の経験が少ない方は、アイディアを考えるだけでも大変でしょう。しかし素材を提供しているサービスは多く、色々な素材を見ている中で自分なりのアイディアを思いつくこともあるでしょう。素材ひとつで大きくホームページの見え方は変わってくるので、是非ご利用ください。