M-HAND BLOG

エムハンドブログ

MEO対策とは?SEO対策との比較とそのメリット

121

SEO対策はウェブサイトを運用している方にとって重要な課題ですから、詳細をご存知の方も多いと思います。
一方でMEO対策については知らない方も多いのではないでしょうか。
MEO対策はサイト運営者、とりわけ実店舗を持っている方にぜひ注目していただきたい集客対策です。
こちらではMEOについて詳しく紹介していきます。

 

MEOとは何か

MEOはMap Engine Optimizationの略で、直訳すると「地図検索エンジン最適化」。海外ではローカルSEOと呼ばれているもので、Googleマップに自社サイトを上位表示させるための施策です。
Googleの検索画面で、例えば「渋谷駅+ケーキ屋」などと場所+業種(品名)の掛け合わせキーワードで検索すると、指定した場所の地図とケーキ屋さんが3つ+「もっと見る」のリンクが表示されます。この” ケーキ屋さんが3つ”の位置のどこか(なるべく一番上)に自分の店舗を表示させることが目的です。
SEOと同じく、この上位3つの枠に掲載されれば、店名、評価、場所、店内写真などの情報が記述され、かなり多くのアクセスが期待できるため、MEO対策の重要性が指摘されています。

 

MEOとSEOの違い

MEO対策とSEO対策、どちらも検索エンジンの最適化ですが、MEOが地図のみに限定しているのに対し、SEOは検索エンジンの最適化そのものです。
SEO対策はSearch Engine Optimizationの略称ですが、検索結果の上位に表示させたいサイトをそこへ持ってくるためのさまざまな対策を指しています。
ユーザーは目的をもってキーワードを選び、検索行動を行いますが、ユーザーが求める情報を提供するサイトを作り、検索結果で上位をとれるようになれば、ユーザーから多くの信頼を得られ、また効率的に成約が発生するようになります。
MEOとはそもそもSEOとは異なるロジックで上位表示が可能なので、その意味でも両者は全くの別物と言えます。
それゆえSEOを行っていればMEOは行う必要がないとは言えず、特に実店舗を持つサイトオーナーはSEO、MEO両方の対策が必要です。

 

MEO対策が騒がれ始めた背景

行きたいお店を探しているユーザーの約半数がGoogleマップを使用
行きたいお店があっても、それが初めてのお店である場合や、目印となるような建物が周りにない場合、ほとんどの方はマップを見ると思います。
仮にユーザーが探しているお店と、運営店舗が扱っている商品が適合した場合、地図を検索したユーザーにお店に来てもらえるかもしれません。ネットからの店舗誘導が容易になる可能性を秘めている点が、MEOが注目されたポイントの一つです。
ちなみにGoogleマップにはGoogleマイビジネスに登録していないと掲載されませんのでご注意を。こちらについては後程詳しく述べます。

近年のスマートフォン利用者比率の増加

最近では世代問わずスマートフォンを利用するようになり、外出先や移動中に地図を開き、ナビ機能を利用して店舗まで来る人も増えています。そういった背景からサイトのモバイル化対応だけでなく、Googleの検索結果に店舗の地図を表示させる、Googleマップでの検索に対しては上位表示を狙い、来店促進を図る必要があります。

地名と業種名の掛け合わせ検索結果で上位表示を

根本的にはこれがMEO対策のすべてです。これを行ったのと行っていないのとでは、集客数が格段に違ってきます。とりわけ同じような業種、同じような店舗規模、同じような客層などポテンシャル的にあまり差異がないのであれば、集客上の優位性が全く異なります。

 

MEOを進めていくために必要なこと

ではMEOを実際に進めていく際、何をすればよいのでしょうか。

「Googleマイビジネス」に登録

まずは「Googleマイビジネス」に登録しましょう。

※Googleマイビジネスについて詳しい説明はこちら
・「googleマイビジネスの登録と集客につなげるためのポイント解説!」

googleマイビジネスの登録と集客につなげるためのポイント解説!

・「登録するだけで集客力UP!Googleマイビジネス登録の3つのメリット」

登録するだけで集客力UP!Googleマイビジネス登録の3つのメリット

Googleマイビジネス内の情報を充実させる

Googleマイビジネスに登録したら、内容を充実させます。
これはMEOの基本です。
具体的にはお店に関する基本情報をすべて網羅すること。サイトのURLやお店の正式名称、業種カテゴリー、所在地、電話番号、営業時間、店内写真などの情報を入れておきます。検索上位に表示されるためには、お店のことを見える化したサイトにすることが一番の近道です。

口コミなどのフィードバックを増やす

実際に店舗を訪れた方の口コミは、ネットから店舗を検索した人にとって、非常に参考になる情報です。良い口コミをなるべく多く集めた店舗は、ネット上で参考になる情報として検索エンジンに高く評価されるので、上位表示される可能性もアップします。

さまざまサイトで露出を増やす

店舗のサイトだけでなく、ブログ、Facebook、インスタグラムといったSNSを駆使し、お店に関する情報を露出させれば「人気があるお店」と判断される可能性が高くなり、Googleマップ上の表示順に影響を及ぼします。ユーザーとコメントをやり取りするなど、コミュニケーションが取れる媒体を扱っているケース(Facebookページを介した交流など)も評価が高くなります。

 

MEOのメリット

それではMEOのメリットをまとめていきましょう。

検索結果上位を実現できる

SEOでの検索結果上位はなかなかうまくいかないことも多いですが、Googleマップの場合は場所によってはそれほど苦労することなく上位表示が可能です。上位表示されればGoogleマイビジネスへのアクセス数も増えていくでしょう。

Googleマップの経路案内を利用して直接来店(実店舗ありのお店に有利)

スマートフォンユーザーは地図アプリを開きながら、直接来店することもあります。表示された内容に興味があれば、電話での問い合わせ、予約、お気に入り保存、共有などされる可能性が高くなります。

コストパフォーマンスが高い

リスティング広告を利用するわけでもなく、SEO対策と同じように外部委託してお金を使うわけでもなく、MEOは、Googleマイビジネスの登録と情報入力、画像掲載、口コミ収集など自社で完結しますから、実質的なコストは0円です。

効果が出るまで短期間

MEO対策を行った後、最長でも2週間程度で成果が出てきます。この点は数か月~数年程度かかるSEOとはまったく違います。

 

まとめ

ここまでMEO対策についてご紹介しました。スマートフォン利用者が増え、Googleマップの重要性が増している現在、実店舗をお持ちの方は、MEO対策を行わない場合の集客面での損失が大きくなっていくと考えられます。まずはGoogleマイビジネスの登録と最適化を行っていきましょう。